永福寺

ようふくじ

【曹洞宗】加賀藩老臣奥村永福が天正年間(1573~92)、利家より寺地を得て建立。永福は利家の兄・利久に仕え、利家が前田家を相続した後には利家に仕えました。天正12年(1585)、佐々成政の攻撃を受けた能登末森城を、守将として死守した話は有名です。

基本情報

住所
〒921-8033 石川県金沢市東兼六町18-8
料金
拝観 境内可(無料)
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「出羽町」バス停から徒歩約7分
兼六園シャトル「県立美術館・成巽閣」バス停から徒歩約7分