椿原天満宮

つばきはらてんまんぐう

菅原道真を祀り、永仁5年(1297)、京都北野天満宮より勧請されました。その後、前田家の祈願所となり、金浦郷の総社と称しました。寛永年間(1624~44)、「椿原山」と称する現在地に移転し、明治期には椿山神社に改称しました。

基本情報

住所
〒920-0925 石川県金沢市天神町1-1-13
料金
拝観 境内可(無料)
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「桜町」バス停から徒歩約8分
その他リンク先
石川県神社庁