氷室開き

ひむろびらき

江戸時代加賀藩が徳川家に氷を献上していたことに由来する伝統行事

江戸時代には氷は非常に貴重であったため、冬になると「氷室」と呼ばれる貯蔵庫(氷室小屋)に雪を詰め、保管していました。そして、旧暦6月1日を「氷室の朔日」と呼び、保管していた雪氷を切り出して、徳川家に氷を献上していました。

これを再現した催しを「氷室開き」として、毎年6月30日に湯涌温泉にて行っています。氷室小屋で仏事の後、切出された雪氷を薬師寺へ奉納します。

その他「氷室まんじゅう」の販売等もあります。

また、今年は、「マルガージェラート」で有名な世界ジェラート大使柴野大造氏と一緒に、「氷室小屋」から切り出した「氷室雪氷」と19世紀のジェラートマシーンを使って昔のジェラート作りの体験を行う予定です。

また毎年1月末には雪を氷室小屋に詰める「氷室の仕込み」も開催されます。


基本情報

住所
〒920-1123 石川県金沢市湯涌町地内
定員(収容人数)
ジェラート作り体験:40人
アクセス:お車で
金沢駅から約40分
金沢東IC・金沢森本ICから約30分、金沢西ICから約40分
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「湯涌温泉」バス停から徒歩約3分
問い合わせ先
湯涌温泉観光協会
電話番号
076-235-1040
公式WEBサイト
湯涌温泉観光協会
開催日
2019年6月30日(日)
開催時間
10:00~
会場名
湯涌温泉玉泉湖畔氷室小屋
事前予約
ジェラート作り体験:当日会場にて9:30~

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

大野湊神社夏季大祭

詳細はこちら