おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 5分でわかる金沢の魅力 > 歴史・風土

5分でわかる金沢の魅力

歴史・風土れきし・ふうど

金沢のまちは、16世紀半ばに本願寺が布教の拠点として「金沢御堂」を置いたことにはじまります。その後約400年前に前田利家公がこの地に城を定め、以来、加賀百万石の城下町として発展、藩政時代には江戸、大坂、京都に次ぐ規模の大都市であったといわれています。城のまわりに形成された武士のまち、活気あふれる商人のまち、城下を守るように配された寺のまちなど、城下町の風情が今も残り、日本の文化が美しく息づいています。

  • 加賀藩・前田家
  • 歴史のまち
  • 文学のまち
  • 新旧が交差するまち
  • 雨の似合うまち

back

ページトップへ