金沢の桜の名所5選

一年を通じて風情ある景色が楽しめる金沢ですが、桜の季節はまた別格。金沢の桜の見頃は、例年4月上旬。東京や大阪より数日遅れて開花します。ぜひ金沢へ桜を見に来ませんか?

桜の見所はたくさんありますが、今回は厳選した5か所をご紹介!

もっと詳しく知りたい方は、かなざわ自由時間「地元の桜ツウが教える金沢の桜名所5選」を要チェック!

桜見物と一緒におすすめしたい、「春の夜散歩」も見逃せません。(かなざわ自由時間でご紹介しています。)

金沢城公園

  • 石川門

  • 菱櫓(菱櫓)と内堀

  • 外濠公園(沈床園)

  • 金沢城石垣の桜

兼六園に隣接する金沢城公園は、石垣沿いに咲く桜が見事です。ビュースポットは石川門、大手堀、白鳥路(はくちょうろ)、菱櫓(ひしやぐら)の内堀など。

兼六園、金沢城公園内では茶店以外の飲食はできませんが、新丸広場と石川門の下の百間堀園地の2か所では可能です。

浅野川大橋周辺

  • 浅野川大橋

人気観光スポットひがし茶屋街、主計町(かずえまち)茶屋街の桜のビュースポットは浅野川大橋周辺です。水の流れが穏やかで「女川」とも呼ばれる浅野川にかかる梅ノ橋や中の橋からも桜並木が一望できます。主計街茶屋街の桜並木は雑誌などでよく取り上げられています。

兼六園

  • 花見橋から見る桜

  • お堀通りの桜

  • 曲水の桜

日本の桜名所100選にも選ばれている兼六園は石川県を代表する桜の名所。園内には約420本の桜があり、ソメイヨシノだけでなくさまざまな名桜を鑑賞できます。ビュースポットは桂坂口付近の茶店通り、花見橋から見る曲水、眺望台付近など。兼六園は桜の開花にあわせ無料開放し、開園時間も21:30まで延長されますので夜桜見物もできます。

犀川河畔

  • 犀星の道の桜並木

  • 桜橋から下菊橋を望む

犀川大橋から上流の下菊橋あたりまでの両岸に美しい桜並木があります。特に、文豪の室生犀星にちなんだ遊歩道「犀星のみち」の覆いかぶさるような桜並木が見事で、市民が花見をする姿が多くみられます。犀川大橋や桜橋から望む、雪が残る医王山と犀川ののどかな春の景色がおすすめです。

卯辰山(うたつやま)

  • 卯辰山から見る金沢市内

  • 望湖台からの景色

金沢市中心部からほど近い卯辰山は標高144メートルの小高い山。山全体に桜が多く、見頃には山中の道が桜のトンネルに!山頂の望湖台からは日本海まで一望できます。桜の咲く卯辰山の遠景は兼六園やひがし茶屋街から眺めることができますので、ぜひ足を運んでみてください。

紹介したスポットをマップで見る

地図を
  • 金沢城公園
  • 浅野川大橋周辺
  • 兼六園
  • 犀川河畔
  • 卯辰山(うたつやま)

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。