おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 金沢に夢中!旅したくなる体験リポート > 加賀友禅の手描き彩色体験

金沢に夢中!旅したくなる体験リポート

兼六園内の時雨亭でお茶席を体験

加賀百万石の大名庭園、兼六園で楽しむお茶席

一幅の絵のように美しい、金沢の伝統工芸 加賀友禅

繊細で手の込んだ模様が映える黒留袖の一例

繊細で手の込んだ模様が映える黒留袖の一例

click
加賀友禅は自然のありのままの姿を大切にしています

加賀友禅は自然のありのままの姿を大切にしています

click
 加賀友禅の特徴は、臙脂(えんじ)、藍(あい)、黄土(おうど)、草(くさ)、古代紫(こだいむらさき)の加賀五彩をベースとした落ち着いた色合いと、自然をモチーフにした絵画のような柄。写実性を際立たせるために、葉っぱの虫食い跡や枯れた部分もそのまま描く「虫喰い」や、色の濃淡をグラデーションで表現する「ぼかし」という技法を用います。金箔や刺繍などをほどこさないのは、派手さよりも風情を大切にする武士のまち金沢ならではの美意識だとか。

 手描き加賀友禅の工程は、下絵、糊置き、彩色、地染めなどさまざまな工程があり、それぞれの職人さんが高い技術を受け継いでいます。描かれた四季折々の草花はみずみずしく、まとったときの優美さを連想させてくれますね。

さあ、加賀友禅の彩色にチャレンジ♪

「外ぼかし」は染料が乾かないうちに淡色でぼかすのがコツ

「外ぼかし」は染料が乾かないうちに淡色でぼかすのがコツ

click
加賀五彩の濃色と淡色、計10色が用意されています

加賀五彩の濃色と淡色、計10色が用意されています

click
下絵からはみ出さないように慎重に、丁寧に筆を運びます

下絵からはみ出さないように慎重に、丁寧に筆を運びます

click
 今回、手描き彩色によるハンカチ作りに挑戦するのは来日して1年、金沢市国際交流員のディアロさん。「加賀友禅は見たことあるけど体験は初めて」とワクワク! まずはハンカチの色と描く絵柄を選びます。華やかで見映えのするボタンの絵柄に決め、友禅染めのエプロンを身に着けたら、気分はもう友禅作家♪
 最初に先生が加賀友禅の特徴である「ぼかし」や「虫喰い」技法について説明してくれます。加賀友禅は外を濃く、内を淡くぼかす「外ぼかし」が用いられます。ちなみに京友禅は「内ぼかし」だそうですよ。へぇ~!
 先生がお手本をみせてくれます。まず淡い色を塗ってから、外側に濃い色を塗り、乾かないうちに境目をぼかします。注意することは「色をまぜない、水を含ませすぎない」ことの2点。水気が多すぎると、下絵の糊を越えて色がにじんでしまうのだそう。
 何度か試し塗りをして筆使いに慣れたら、いざ本番! 花びらに淡いピンク、濃いピンクの順に塗り、境目をぼかします。「グラデーションが思ったより難しいです(>_<)」とディアロさん。でも少しずつコツがつかめてきました。「ぼかし方がとても上手ですよ! 」と先生。
花が終わり葉っぱに。進むごとに筆使いがスムーズに♪

花が終わり葉っぱに。進むごとに筆使いがスムーズに♪

click

彩色を全部終えました!あーキンチョーした(^-^;

彩色を全部終えました!あーキンチョーした(^-^;

click
指の腹でこすって糊を洗い落とすと白い線が残ります

指の腹でこすって糊を洗い落とすと白い線が残ります

click

 葉の「虫喰い」は、ぼかしとは反対に枯れた色との境目をくっきりさせたいので、枯れた黄色を塗って乾いてから葉の色を塗ります。すべて描き終えて染料を乾かしたら、次は水に浸けて糊を落とす作業です。待つこと10分、水の中で軽くこすると白い線がくっきりと浮かび上がりました。ディアロさんも「思った以上にきれいだなぁ!」とにっこり。ドライヤーで乾かし、最後に油性ペンで虫喰いの模様を点々とつけたら完成です。
 今回の手描きのほかにも型を使った型染や型絵染があり、小さな子どもさんでも楽しく体験ができます♪
ドライヤーで乾かして完成! こんなに上手にできました♪

ドライヤーで乾かして完成! こんなに上手にできました♪

click

加賀友禅の魅力が詰まった会館の館内を見学

実演コーナーでは、職人さんの緻密な筆使いが見ものです

実演コーナーでは、職人さんの緻密な筆使いが見ものです

click
 今回訪ねた加賀友禅会館は、加賀友禅を見て、体験して、ショッピングも楽しめる施設。1階の展示室(入館料310円)には加賀友禅の着物やのれん、制作道具などがずらりと並んでいます。本物の美しい加賀友禅にディアロさんも思わずうっとり☆職人さんの実演コーナーもあり、手描き彩色の様子を間近で見学することができます。「さすが、筆運びが早くて美しいですね」とディアロさんの目もクギ付け(◎_◎)。自分で体験した後だからこそ、その技の繊細さや奥深さがよく分かりますよね!

特別展示室。この着物が僕のお気に入り、ビューティフル!

特別展示室。この着物が僕のお気に入り、ビューティフル!

click
地下1階の販売コーナーには、加賀友禅の小物などが並びます

地下1階の販売コーナーには、加賀友禅の小物などが並びます

click

過去の体験リポートはこちら

スポット情報
加賀友禅会館
<加賀友禅会館>
電話/076-224-5511
所在地/金沢市小将町8-8
営業時間/9:00~17:00
定休日/水曜(祝日の場合は開館)
料金/1階展示室入館310円、体験は型染1,620円~、型絵染1,620円~、手描き2,700円~
交通/JR金沢駅から兼六園シャトルで18分、兼六園下・金沢城下車、徒歩3分
駐車/5台
HP/http://www.kagayuzen.or.jp/

ページトップへ